ほどが家[横浜保土ヶ谷]韻を踏んだ駅近の家系ラーメン駅近でわかりやすい場所にある。看板も大きくて目立つ。

夫婦で営んでおり接客は優しい感じ。奥さんの目配りが良い。

日曜日の夕方に入ってて客は2人のみ。空いてた。

値段は並で700円と横浜にしては強気の設定。ただ麺の量が多いので割高には思えない。

注文してからすぐに出てきた。おそらく5分も経ってない。

家系だが獣臭さはなくクリーミー。見た目は普通の家系ラーメン。

・バスの中で発見

この日は神奈川の高校野球、秋季大会の決勝を観戦しに保土ヶ谷に行った。

25系のバスで球場まで向かったが、その途中に「ほどが家」と地名の韻を踏んだ面白そうなラーメン屋を発見。駅近だから帰りに他に店がなければ行こうと決める。

試合が終わって帰りのバスの中で駅近で良さげなお店をネットで検索してみたが、他に良さげな店がなかったので、行きのバスの中で見た「ほどが家」に行くことに決める。

駅で降りて、行きで見つけた場所に向かって歩くと、徒歩3分ぐらいですぐに到着した。

夕方なので休憩に入ってないか心配だったが普通に開いてた。

保土ヶ谷の土地勘がない人で、とにかくすぐにがっつり食べたい人にはおすすめである。

・ご主人の仕事着がザ・家系でかっこいい!

横浜といえば家系の本家・吉村家がある。

ここのご主人の白を基調にした長靴を履いた仕事着が吉村家そのまま。親和性があるかは謎。

味は吉村家とは全然違うクリーミーなタイプ。

だが、店員さんのあの気合の入った格好を見てるだけで美味しく感じてしまう。

チラッと厨房を見たが、しっかりと自分で仕込んでスープを作ってる。やっぱり家系はこうでなくちゃ。(最近通販のスープを使う店多いので)

 

おすすめの記事