東海大相模-桐光学園[2019年神奈川秋季大会決勝]

試合は6−2で東海大相模が勝利。これで相模は2019年度は神奈川県内で一度も負けなかっったということになる。

東海大相模の声の掛け合いがたくさん聞こえて楽しかった。

タレント集団の相模の選手を満喫できて満足。

小雨で環境が悪かったが、秋の大会は観戦慣れしてるお客さんが多いのでストレスにならなかった。

改装されてしまう最後の保土ヶ谷球場の姿が見れてよかった。神奈川球児の聖地を目に焼き付けてやったぞ。

・試合の感想

試合は序盤から相模ペースかと思われていたが、桐光学園が2点を返して同点にして均衡。

互いに守備が素晴らしいが、雨の影響か桐光学園に悪送球が度々見られた。その逆にこの環境でノーエラーで試合を終えた相模の守備の素晴らしさが際立った。

相模が狭い球場で試合をすると、外野に高い打球が飛ぶたびに「行くか!?」とホームランを期待してしまう。結果的にホームランは1本もなかった。

相模の足を使ったアグレッシヴベースボールに期待していたが、なかなか足でかき回すことはできなかった。

お得意のランナー1塁からのバンドエンドランで一気に3塁まで陥れようというプレーも不発に終わった。

桐光学園の内野陣の守備判断が素晴らしい場面が多くあった。仮に雨がなかったらもっと均衡としたゲームになっていたことだろう。悔やまれる送球が2つほどあった。

後半に相模が入れた4点が決勝点となり、そのまま押し切って相模の優勝。

・秋季大会の醍醐味のサイレント

夏の大会では吹部などが多く動員され、球場はお祭りの如くうるさい。

しかし、秋の大会というのは吹部が僅かにしか入らなくて静か。

なので、グランド上やベンチからの声がたくさん聞こえる。

桐光学園のスラッガー・馬込が打席に入ると、相模ベンチから「馬込!馬込!」と外野の守備を下げる指示が飛ぶ。

打席の馬込くんが「!?!?」と自分の名前を叫ぶ相模ベンチを見つめる姿が可愛かった。

また、終盤の相模の攻撃で、門馬監督中心に円陣を組んでる際、桐光学園が投手交代をしたとしてサードコーチの相模の子が「ピッチャー代わった!ピッチャー代わった!」と大絶叫で円陣に伝達してるのが面白かった。

代わったばかりのマウンドの投手が「んな、叫ぶことないだろう」と呆れた顔で相模のサードコーチを見てる感じが面白かった。

また、終盤の相模の攻撃で桐光学園のファーストがランナーと接触して仲間が駆け寄ってコールドスプレーをしてる合間に、相模ベンチの各メンバーが次のバッターに「気持ちだ!」と「選抜!」と声掛けをしてるのが露骨であった。

あれだけエールを送られたら、そりゃやる気にもなるよね。さすが名門。

名門の球児は落ち着いてて大人っぽいと思い込んでたが、やはり普通の高校生なんだなと感じる場面が多くあった。

秋季大会だからこそ分かる選手たちの様子というのがある。

・エリート高校のヤジ

自分は神奈川では塾高が大好きなのだが、エリート集団らしい応援団の落ち着いた態度も理由の1つである。

この日の桐光学園も塾高に負けじと偏差値の高い進学校である。

応援してる側の質も良いのだろうと期待していたが、ずっと訳わからんことを叫んでるおじさんがいて残念であった。

桐光学園の最後の攻撃で相模の子がファインプレーをするのだが、そのプレーの際に「インチキすんな!」「セーフだろ!」と理不尽なヤジをグランドに向かって叫んでいた。

あの人は桐光学園のOBなのか、選手のお父さんなのか・・・。

 

 

応援隊の楽器隊が派手にならない高校野球は

ほどが家[横浜保土ヶ谷]韻を踏んだ駅近の家系ラーメン

駅近でわかりやすい場所にある。看板も大きくて目立つ。

夫婦で営んでおり接客は優しい感じ。奥さんの目配りが良い。

日曜日の夕方に入ってて客は2人のみ。空いてた。

値段は並で700円と横浜にしては強気の設定。ただ麺の量が多いので割高には思えない。

注文してからすぐに出てきた。おそらく5分も経ってない。

家系だが獣臭さはなくクリーミー。見た目は普通の家系ラーメン。

・バスの中で発見

この日は神奈川の高校野球、秋季大会の決勝を観戦しに保土ヶ谷に行った。

25系のバスで球場まで向かったが、その途中に「ほどが家」と地名の韻を踏んだ面白そうなラーメン屋を発見。駅近だから帰りに他に店がなければ行こうと決める。

試合が終わって帰りのバスの中で駅近で良さげなお店をネットで検索してみたが、他に良さげな店がなかったので、行きのバスの中で見た「ほどが家」に行くことに決める。

駅で降りて、行きで見つけた場所に向かって歩くと、徒歩3分ぐらいですぐに到着した。

夕方なので休憩に入ってないか心配だったが普通に開いてた。

保土ヶ谷の土地勘がない人で、とにかくすぐにがっつり食べたい人にはおすすめである。

・ご主人の仕事着がザ・家系でかっこいい!

横浜といえば家系の本家・吉村家がある。

ここのご主人の白を基調にした長靴を履いた仕事着が吉村家そのまま。親和性があるかは謎。

味は吉村家とは全然違うクリーミーなタイプ。

だが、店員さんのあの気合の入った格好を見てるだけで美味しく感じてしまう。

チラッと厨房を見たが、しっかりと自分で仕込んでスープを作ってる。やっぱり家系はこうでなくちゃ。(最近通販のスープを使う店多いので)

 

ファーストフードネイション(2006)は社会派だが露骨すぎる

アメリカで人気のファーストフード店の店舗とパテ工場の裏側を生々しく描いた作品。

パティを作る工場の内部を生々しく描いている。メキシコから不法入国した夫婦の慣れ果てが残酷。セクハラ、パワハラ、生活苦など散々。最底辺の労働者の現状を知る。

ファーストフードの大元の利益追及と、店舗スタッフの怠慢。ここに関してはすべての会社、すべての店舗がそうでないと見た方が良いと思った。

アヴリル・ラヴィーンなど豪華キャストが目の保養になる。単純に有名セレブのマイナー映画出演を観てやったという満足感に浸れる。

青臭くも微力な抗議が滑稽で、余計に覆りようのない大きな問題と対峙してるんだなと考えさせられた。

・幸せを追うメキシコ夫婦

母国からアメリカに出稼ぎに不法入国したメキシコ人夫婦。

この夫婦がメインというわけではないが、この作品の中では一番の犠牲者であり、業界に関係ないように思える自分が感情移入できる登場人物である。

ファーストフードのパテを作る工場に夫婦で働くことになるが、一見清潔で安全に見える工場の内部は散々。

夫婦でストリートを歩きながも「いつかたくさん稼いであんな車を買ってやる」なんて他愛のない会話が悲壮感を高める。

先進国から見れば安い給料だが、メキシコから来た彼らからすると残業するほどたくさん稼げる程よい仕事なのである。典型的なピラミットの底辺を見る。

肉をミンチする機械を操作する現場は安全性に欠けており、大量生産を正義とする工場は迅速な作業ばかりに依存する。

そんな工場で煽り作業をした結果、旦那は自分の足をミンチの機械に巻き込み、足を失ってしまう。

そして、旦那の嫁は、旦那が働けない分も稼がないといけないことになり、今の現場よりも時給の高い現場に入るように班長の男に交渉。その結果、嫁が班長に体を差し出す形に。

結果的に嫁さんは時給の良い現場に入るが、その現場は牛を殺す過程の最初の方にある残酷で悪臭の酷い現場であった。

こんなことが現実にあるのかと疑ってしまう部分もあるが、広い世界を見失って狭い場所から抜け出せず、危険な作業やパワハラ・セクハラに何年ももがき苦しんでる人がいることは知っている。

この夫婦と同じような境遇を味わってる人たちもいることだろう。

単純にブラックな工場の労働者に脚光を当てた社会派映画としても出来が良いと思った。

・グロい牛の加工処理

牛の皮が剥がされるシーン。目が飛び出た皮のない牛が何頭も並ぶ。

ラインから流れてくる牛の死骸を、内臓を傷つけないように切り分ける作業する人たち。

少し作業が遅れると、「ラインが遅れる」と班長に厳しく怒られる。

どれもグロいし、胸糞が悪い。

苦手な人は見ない方が良い。

しかし、こんなシーンよう撮影できたな・・・。

・店舗スタッフの酷さは大袈裟に思う

工場のことは知らないが、店舗の様子はあざとくも酷い店員の有様を見せすぎて露骨。

マックで3ヶ月、他ファーストフードで4年のバイト経験があるが、床に落ちたパテをお客さんに出す光景など見たことない。(日本の基準が高いだけでアメリカではよくあるのか?)

ここに関しては完全に会社の基準や、店舗によって違う。

店員の質が気になってファーストフードが無理だという人は「〜モデル店舗」「〜会社表彰店舗」などが飾ってある店舗を近所で探して頭に入れておくと良い。そこでだけ買えば良い。

GACKT 46TH berth dayライブの感想。KHAOSツアーの前身

長年披露していなかった曲を披露してくれただけでなく、ユーモアを交えて楽しませてくれた。

MCもゲストも映像演出も充実していて、とても単品イベントとは思えない凝りようであった。

LVL以来の雄叫びや衣装チェンジが多くあった。

20周年は音楽活動も強めに行ってくれる期待感が持てた。

・セットリスト

〜第1部〜
舞哈BABY!
情熱のGraffiti
Papa  lapped a pap Lopped
Jesus
〜第2部〜
Lu:na
Ever
Another World
君が追いかけた夢
〜第3部〜
GHOST
OASIS
〜第4部〜
君だけの僕でいるから
FLOWER
オレンジの太陽
〜第5部〜
Mirror

・神威学園との融合

ライブが始まって早々に生徒会長たちの映像。教室からこの日のライブのセトリを予想しては実際に曲が始まるという段取りを繰り返す。

学園祭のようなチープなノリで来ると思わせては本気のステージが始まるというジェットコースター感が良かった。

ただ、ステージで感動し余韻に浸りたい間から映像が始まったり、始まる前にルミトンライトの色の指定が映像で流れるので、そこで気持ちが切れる部分もあった。

映像の中でも企画を行い、ライブ全体のコンテンツが濃く仕上がった。

・懐かしい名曲の嵐

オアシスやオレンジの太陽などと言ったしばらく演奏されてこなかった曲が演奏されて満足。演出上無駄使い感は強いが、GACKT氏の高らかな歌唱も健在で嬉しかった。

今までと違ったリズム隊、ダンサーの使い方がアクセント強め。GACKT慣れしてる人のマンネリ化を振り払うような工夫がされていた。

懐かしさと目新しさの両方があって満足であった。

・豪華なゲストとYOSHIKI・hyde・キリショーのメッセも

2003年に映画「ムーンチャイルド」にてGACKT氏が演じるショウの幼少期を演じた子役の本郷君が登場。さらに仮面ライダーで共演した俳優・井上正大氏も登場。

少し前に本郷くんが「大切にしてる物」として2003年にGACKT氏と共演した際に配られたオニキスを紹介していたのを思い出した。綺麗な状態でずっと保存してるらしい。

ファンも弟分もいまだに大切にしてるのにGACKT氏本人が付けなくなってしまったのは皮肉だなと感じた。(この日の会場でもオニキスをつけたファンを多く見た)

映像メッセージではYOSHIKI氏、hyde氏、キリショーが登場。映像の順番がなぜかキリショーが最後だったり、YOSHIKI氏の相変わらずの天然、hyde氏が酔っ払いの如く適当な感じがユーモアあって良かった。

・ビジュアライブばりのクオリティ

例年のようにやんわりと数曲披露し、GACKT氏のおしゃべりがメインになると予想していたが、実際には10を超えるセトリと凝った演出に驚いた。

裏で映像製作や楽器隊、ダンサーのリハや打ち合わせがあったと想像するとゾッとする。この日のためだけに凄まじい時間とコストを掛けたのだ。

のちにGACKT氏が歌の練習に明け暮れていた裏話なども聞いた。まだまだ音楽への情熱は健在である。

世界一イケてる50歳になるとファンと約束。こういう約束を聞くのも久しぶり。やっぱり約束を作ってこそのGACKT氏である。