いかにもシンプルな中華料理屋・平塚飯店。メニューが多くて営業時間が曖昧 | masayasu.comいつしか錦町からデニーズ側に向かう途中に見つけた穴場っぽい定食屋さん。

何のジャンルのお店か全くわからなかったが、さりげない佇まいがずっと気に入っていた。

同伴者とランチの時に行ってみることに。毎回前を覗くと常連さんっぽい方々で埋まっているので、内心ビビっていた・・・笑

▼お店の外の看板を見てる限りかなり安そうだ。

自分も同伴者もある程度オーダーを決めてからお店の中に入った。


・中華料理屋

外看板を見て気づいたのだが、ここは中華料理のお店なのだろうか?

▼実際にお店の中で渡されたメニューを見てると、どれも中華系であった。

お店の外見的には洋食と食堂を足したような老舗系だと思っていたので、かなり意外であった。

同伴者は麻婆定食、自分はチャーハンとラーメンのセットにした。

待っている間、お店の独自の内装をジロジロと覗く。中華料理というよりも好み焼き屋、もしくは地元の大衆居酒屋のような作りをしている。

▼入口は床屋さん風のラック

▼座れる座席

▼奥にはほんのりとカウンター席があった。

他のお客さんはおじさん4人組で、かなり真剣なお話をしていた。高校野球がシーズンだっただけに、野球の話も盛んにしていた。自分も通えば野球の話に混ぜてもらえるかな?笑

▼到着した同伴者の麻婆定食

見た目も味もいたって普通。しかし、これで580円は安い!

▼自分のチャーハンとラーメン

こちらも味も見た目も普通。普通の美味しい。特に余計なトッピングがないので、まるで学食のようである。この2つで880円はやはり安い。しっかりとお腹いっぱいになりました。

▼一緒に届いたスープ

こちらも普通。全てが普通!

奥のテーブルに灰皿が置いてあったが、隣のおじさまたちが誰も吸ってなかったので喫煙は遠慮した。

会計の時の女性店員さんの対応が優しくて好きでした。

通えばいろんな人との出会いがありそうな空間だなと。

自分のような中途半端に若い人はどうかと思うが。自分がおじさんになったら、こういうお店をリピート店の1つに持っておきたいなと思った。

帰りの胃袋の中はギュウギュウでした。なんで中華料理ってこんなに腹にたまるのか・・・笑。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事