洋食 やまぐち(平塚)。錦町にあったスナック風のお店 | masayasu.com錦町にあるスナック風の洋食屋さん。

テナントも形もスナックっぽいのに、実は洋食屋?という謎の印象をずっと持っていた。

仮にがっつりスナックだった場合、初見にして気まずいなとなかなか入れずにいた。何回か行く気で目の前まで行くか「まぁ、今日はいいや」と直前でお店を変えていた。

それでもある日の平日の夕方に、勇気出して入ることができた。


・やはりスナック調

お店に入ると、いかにも「スナックです」な内装に、マスターの「え?」というびっくりしたようなリアクションで迎えられた。

カウンター席に案内されて座ると、静かにメニューを渡される。「はじめてですよね?」と警戒心ある感じで聞かれた気がする。

洋食メニューは3つだが4つだった気が、多くはない。自分は「牛すじ煮込みカレー」にする。

待っている間、マスターと自分の2つ左にいた常連さんの話が耳に入ってくる、相当仲良し。

お店の中には湘南ベルマーレの旗やテナントがガァーっと貼ってある。お店で応援してるのだろうか?

待っている間、マスターに絡んでもらう。色んな話をしたが印象に残っているのは「作ってもらったご飯の味は指摘しない論」。やっぱり自分が人に作る立場である以上、苦労など気持ちがわかるので、人のご飯は悪く言えないそうだ。

そんな話をしているうちにカレーが到着。

▼見た目はシンプルなカレー

味が見た目にままに、煮込まれた牛すじが入ったカレー。。癖になるっちゃなる。。(家庭的な感じ)

カレーを食べ終わったあとに長く喋った。お店のことで色々と教えてもらう。

他も居酒屋よりも遅い時間までやってるということと、アットホームな雰囲気ということで、深夜型スナック系洋食屋居酒屋といった感じか、他店のデメリットを無難に抑えてる感じがスゲーと思った。

平塚で夜に洋食が食べれるお店といえば「ミラノ」があるが、このお店はまだまだ認知されていない。マスターにも「誰に聞いて来たんですか?」などなぜ知ってるんだ感を出されまくった、、笑

色々話してたら1時間以上は余裕で滞在してしまった。常連さんも良い人で居心地最高でした。

また、いつか必ず行くと約束したが、すでに5ヶ月近く行ってない…そろそろ行かなければ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事