Royal Blood/Royal Blood

イギリスでチャート1位を獲得したRoyal Bloodのファーストアルバム。

極端すぎるアフロのような女性・・・何か風刺的なアプローチがありそうだが、基本的には意味不明。

女性の着ている衣服には森林が広がり、頭部も良く見れば草が生えてる。ガレージバンドのジャケットにしてはミステリアス。


  1.  “Out of the Black” 4:00
  2.  “Come On Over” 2:51
  3.  “Figure It Out” 3:04
  4.  “You Can Be So Cruel” 2:44
  5.  “Blood Hands” 3:07
  6. “Little Monster” 3:32
  7. “Loose Change” 2:35
  8. “Careless” 3:21
  9. “Ten Tonne Skeleton” 3:07
  10. “Better Strangers”

Out of the Black:

MVでは古き良きアメリカアニメが登場する。こういう遊び心良いっすね。そこからすーっと引いて映画が始まるから面白い。MVの世界観だけでお腹いっぱいになりそうだ。(ややグロいが)。

WWEレスラーの入場曲のようなタフなイメージの曲。ライブでは1曲目から演奏されることが多いようだが、ライトアップからのこの曲でメンバーが登場したら、そりゃ盛り上がりますよ。タタタタって、ギターとドラムの息が合わないと演奏にムレが出そう。なんだがタフでセクシー。


Come On Over:

ラブストーリー?仕込みなMVだが、いろんな意味で子供には見せれない映像が・・・。笑

ベースとドラムとつや系ボーカルで攻撃性を出すって凄い。Aメロからドラムが「暴れたいです」って具合にイライラしたような音を立ててる。

ドドドってエネルギーを溜めたまま曲が終わる感じ好きです。


Figure It Out:

服に血をつけたヤバそうな女性がモールをウロウロしながら、警備員に見つかり逃げ回る。ブルーとレッドで画面が変わり、モールに貼ってあるポスターの柄が変わる演出すげー!女性が徐々に回想に入るところから最後までストーリーが面白い。もっと長い曲なら良かったのにってぐらい。

サビに入る前の警告音のロック版みたいな音すき。あの部分がセキュリティーのアラームに採用されたら素敵だわ。

「イエーアァ!」と言って入るスローなベースソロ良い。そこからアップテンポに上がってく感じ、高まります!


Little Monster:

MVは完全にモノクロ。子箱でのライブ風景を写してるが、ザ・ガレージロックなノリで好き。しかし、曲の感じとMVのエキストラのノリが違いすぎるような・・・笑。

曲の合間にちょいちょい入るドラムソロ好き。ベンとマイクの良さがストーミングでまとめられたような曲だと。


Loose Change:

詰まったようなベース音にリードされたガレージ感バリバリの曲。途中からアップテンポに変わる瞬間のベースソロ?の部分大好き。

敗北者をテーマにした曲だが、喧嘩に負けて顔に傷だらけの若者が、危ない方法で復讐の計画を考えてるような絵が浮かぶ。


Ten Tonne Skeleton:

なぜ、人の命に関わるような危ない世界観のMVが好きなのか?笑。なんとなくイギリスってよりもアメリカ色が強い。懸命に走ってる女性の運命は?って具合にサスペンス的要素で引き込まれるMV。

アクション映画の挿入歌に使われてそうな、危機迫るような緊張感あるノリ。間奏のコーラスかっこいい!ライブだとザ・UKな盛り上がりがありそうな。

data


Artiste:Royal Blood
Title:Royal Blood
Released:2014.8.22
Label:Black Mammoth,Watner Bros,

ROLLING STONE MAGAZINE