How Did We Get So Dark?/Royal Blood

2アルバム連続でイギリスチャート1位の傑作。捨て曲がないと評判だったが、なぜかアメリカとオーストラリアでは順位を落としてる模様。日本では「たった2人で重音を奏でるバンド」として、話題になっていた。

いやいや、ジャケット完全にアウトじゃん!ってことで、一部モザイク加工。ファーストアルバムと同様にシンプルで謎のジャケ。深い意味はないと思ってる。。笑


  1. How Did We Get So Dark? 3:17
  2. Lights Out 3:57
  3. I Only Lie When I Love You 2:49
  4. She’s Creeping 3:23
  5. Look Like You Know 3:05
  6. Where Are You Now? 2:46
  7. Don’t Tell 3:38
  8. Hook, Line & Sinker 3:28
  9. Hole in Your Heart 3:46
  10. Sleep

Lights Out:

白い閑散とした部屋にマイクとベンが二人だけ。どんな展開が待ってるのだろうと思っていると、いきなり天井が液状化し男女が半裸で踊り狂う。

ちゃんと服は着てるのか?と目をこらすと、辛うじてベージュの布を巻いてる。さすがにメジャーになったら放送できるビデオを撮りたいですもんね、ファーストだったら完全にアウトな方向(全裸)だったであろう。

曲の「イエェー」とブレーキする部分で、映像がスローに変わる。セクシーな女性がボタンを押すと部屋は赤くなり、ベースソロ炸裂。なんだこりゃ・・・笑。

ライブでオーディエンスがノリやすい曲だと思うので、行ける機会があれば予習しまくるべきだろう。最後のドラムが高速になってグゥーって終わり方好き。

しかし、締め方が好みの曲が多い。


I Only Lie When I Love You:

珍しくエロもグロもないMV。全体的にスタイリッシュでいかにも現代のロック。ベンのバスに描かれてる虎には何の意味があったのか?

ひたすら同じリフが続く。ベースリフが耳に残る・・・。なんとなくいつかのMIYAVIが好んだラインに似てる気がする。

3分も経たないうちに終わるが、聴いた感じ、もっと長く感じる。


Where Are You Now?:

ベンの軽快なドラムから始まる曲。控えめなベース音で完全にドラムが主役。

余計な展開せずに同じ調子のまま突っ切る勇気、好きです。

頭の中が、何らかのウイルスにやられそうな雰囲気・・・笑。


She’s Creeping:

高校生ぐらいの女の子が、眠たそうに朝の支度をしてるような曲。きっと遅刻するやつ。

眠たくてウトウトしてるときに聴くと気持ちよさそう。曲の展開に合わせて落ちたり起きたりしてみたい。

時間の流れがゆっくりしてるので、忙しい時間の後に聴けばリラックスできそうである。


Hook, Line & Sinker:

ライブモチーフのMVなのか、ガチなライブ映像なのか謎。「そっか彼らのライブってこうやって楽しむのか」と良いお手本になったビデオ。

サビのベース&ボーカルの声も高くひっくり返るところ好き。とりあえずかっこいい。

終盤の「あぁ〜」ってコーラスで一体になってみたい。

彼らの曲の中で3本指に入るぐらい気に入ってる曲です。


Hole in Your Heart:

彼らに珍しくキーボートの弾き語りから始まる曲。あれこれ展開が多いのも珍しい??

一緒に歌ってピョンピョン跳ねるであろうサビは、ライブでこそ楽しんでみたい。もっとも、彼らがコールドプレイ並みにオーディエンスを集めてドーム級で来日した頃に。

 

 

 

data


Artiste:Royal Blood
Title:How Did We Get So Dark?
Released:2017.6.16
Label:Black Mammoth, Warner Bros.

ROLLING STONE MAGAZINE