ポルカドットスティングレイ/SUMMER SONIC 2018.8.18

ビリーが終わりレインボーステージのポルカドットスティングレイを見るべく移動。

自分はレインボーステージの横のフードコートには行ったことがないので新鮮。

▼サイレントディスコ

コンテンツの紹介でこういう場所があると聞いていたが、初めて生で見た。無音で頭振ってる人ばかりで怖い場所だと思っていたが、実際はそこまでおかしい人はいなかった。。笑

▼ピエロの建物

ここからたまにシャボン玉が出たりしていた。子供が一生懸命にシャボン玉を割ったりして遊んでたりで可愛い場所。夏っぽくて良いな。

▼キッズコーナー

子供をあやすスタッフがいて、ちゃんと誘導してて楽しそう。これだけのアーティストがいるのにここで時間を食うのは勿体無い気もするが、子供だから仕方ないか。子供の頃にこうやって夏フェスに連れてってもらえるなんて最高の経験じゃないか。

自分はこの日、タオルを忘れてしまったとして、グッズコーナーにてタオルを買おうかと企む。

▼グッズコーナー

中に入って好きなアーティストのグッズがないか探すが、どれも売り切れ。同伴者を長く待たせておいて「特に欲しいものなかった」と戻るが、その後に同伴者がトイレに行ってる間に「やっぱりタオル自体が必要だ」と思い、さっと中に入って、適当に見る予定のバンドのタオルを買った。(クイーンオブザストーンエイジの)

トイレから戻って待ちぼうけの同伴者に「あ、結局買ったのか」と。はい、買ったのです!笑。ハッキリしない行動をしてすみません。。

洋楽のアーティストのグッズは単独でも高いが、フェスでも高いな。。

タオルを触りながら「この質・・・笑」「インディーズがよく売ってるやつだね」など失礼なこと言いながらレインボーステージに向かった。

ポルカはメジャーになったばかりのバンドらしいが、インディーズでの経験が豊富だそう。ステージに入るとあまり人はいないが、前方は絶望的なほどお目当ての方に埋め尽くされていた。


・セット

テレキャスター・ストライプ
BLUE
パンドラボックス
エレクトリック・パブリック
シンクロニシカ
ICHIDAIJI


・あっという間に終わり

自分らは2つ目の柵付近を陣取り、ポルカの登場を待つ。自分らの目の前にスタッフのシャツを着た若い女の子2人がいた。ずっとキャッキャとしてて、数曲目の途中で前に走って消えて行った。サマソニでバイトすると休憩やらで好きなアーティスト観れるのか?羨ましい青春だ。。笑

登場から大歓迎ムード。サマソニまで応援に行くファンがいるってすごいな。。ボーカルの挨拶や話し方からはサブカル系の匂いがするが実際はどうだろうか。。

1曲目の「テレキャスター・ストライプ」という曲。同伴者に予習用に渡された音源にはない曲。初見にしてテンポが気持ちよく、かっこよくて気に入った。

この曲か次の曲のサビ前にて「写真やめてごめんね」と手を前に合わせてごめんのポーズ。サビの前に唐突に注意を挟みながらも流れるようにしっかりと歌い上げるって、やっぱりプロの肺活量はすごいな!(いや、そこじゃないか)

曲が終わった後も「さっきも言ったと思うけど写真の撮影は禁止ね」「みんなわかった?」「わかった人〜!」とたくさんの人が挙手して「みんな良い子!」と。学校の先生と生徒のような光景。注意の仕方が良い女感MAXでかっこよい。

サマソニで初めて聞く撮影の注意が、まさかの出演者の彼女の口から聞くとは思いもしなかった。確かに自分も洋楽の単独公演の流れでサマソニでも撮影しがち。直感的に邦楽の撮影はしないが、本当は来日組であろうが誰であってもダメだ。ダメなことをサラッと言えるなんて勇気あってすごいな。

艶っぽいボーカルと、かっこいいリフと、ポップなのにトゲがある感じ。ボーカルの人柄もカリスマ性があって観ていて気持ち良かった。この歳になると、モッシュとかじゃない内面的なところでエネルギーや興奮を爆発させたい願望が生まれるのだが、ポルカの曲は聴き込めばその願望を叶えてくれそうである。(説明が難しい)

お客さんに合図を出して乗せるために登場した全身タイツのマネージャーさん、あれは毎度やっているのか?笑。Xmasの振り付け専用メンバーよりもある意味斬新である。

「これからだ!」って気分の時に、「次で最後です」。え〜まじか〜。もっと長く聴きたかった。あまりにも短すぎる。「新人の自分らが押したらえらいこっちゃ」的なことを言っていた。全く新人に見えませんけど、デビュー7年目ぐらいに見えますけど・・笑。。

曲もライブも良くてMCも面白く、濃厚で短い時間であった。短い時間であったからこそ良い曲が密集した?どちらにせよ、またどこかで見たい。

Aerosmith/AlabamaShakes/Alanis Morissette/All Time Low/androp/B’z/The Beatles/Bentham/CheapTrick/Circa Waves/Coldplay/Creed/FINLANDS/ Fiona Apple/Foo Fighters/Frank Sinatra