め組/countdown Japan 1617

行く前々から「め組が観たい」と同伴者が言っていたが、時間的にきゃりーと被る。やや急ぎ気味でメインから、め組の出るステージに向かった。

チャットときゃりーはなんとなくどんなアーティストか知っていたが、め組は全く知らない、ってことで同伴者にどんなバンドか聞きまくっていた。(自分で探せよって??笑)

思いのほか、この時間帯は空いてるような、人気バンドの演奏と重なっていたか??トイレに行きたかったが、すでにめ組の演奏が始まっていたので、後回しにして向かった。


・め組のポジション
会場に入ると後方はガラガラ。座ってる人も目に入った。

年齢層が高め?前列ではノリノリにジャンプしてる人がいたが、落ち着いて聴いてる人多め。

行こうと思えばもっと前に行けたが、自分らは、そこまでギュウギュウなところまで入らず、前にスペースがあるぐらいのゆとりのある場所で鑑賞した。


・め組/countdown Japan 1617のセットリスト

マイ・パルプフィクション
ジュゴンの背中に乗って
余所見
悪魔の証明
放課後色
500マイルメートル


ライブはすでに終盤で、ラストスパートをかけて気合いが入ってる感じ。ボーカルの汗ヤバイ。自分らの入った時間的に、聴けた曲は後半の3、4曲ぐらいかと。

悪魔の証明:多分、この曲から入った?耳に残る洒落た曲。途中からでも聞けてラッキーな気分に。踊るようにノッてるお客さん多数、これは何てジャンルなんだ??笑。ギターとキーボートの重ね方に色気があった。

放課後色:この曲の紹介がすげー長くて、意味わからなくて、でも面白いという、なんて表現していいかわからないがボーカルの芸風がホリケンのようだった。青春っぽい香ばしいサビだが、青春最中というより、青春を後から思い出した大人が、思い出に戻りたかってるような感じ。

500マイルメートル:ギターがジャカジャカ、皆演奏してて楽しそうな曲。同じようなテンションで一本調子で最後まで行くと思ったが、最後は横に広がるような展開で終わった。曲の流れ好き。

ボーカルのMCが自由な感じで楽しいが、ちょっと滑った空気?に。言ってること自体は面白いが、メンバーが特に突っ込んだりはしない、勿体無い。まるでホリケンを見てるようだった。

最後は何度も「ありがとう」、何度も頭を下げる、とても性格の良いバンドだったなーと。


きゃりー前以来、タバコを吸ってない自分は再び喫煙所に行きたくなるが、その前にライターが欲しいとコンビニに向かう。

入り口付近にコンビニがあるが、その周辺は良い撮影スポットになっていた。

次に観たいエレカシまで時間があったので、この時間に御飯を食べようと決める。ってことでコンビニでライターと年越しそばとスナック系の揚げ物を購入。コンビニ内は一方通行の列になっているので、欲しいものをじっくり選べなかった。

同伴者はトイレに行くが、女子の長列に巻き込まれて待ち合わせの場所に帰ってこない、そもそも待ち合わせの場所がどこだっけ?と逸れそうになり焦った。

無事に合流し、一緒に屋台でお酒と食べ物を買う。

▼屋台は人気のポテトと、あとなんだっけな?

席を探し、多めの食事(そば・屋台・スナックの揚げ物)を済ませ、ゆっくりと喋って時間を潰した。周囲のライブTを観察するように眺めて楽しんだ。

しばらくしてから室内喫煙所に向かう。

▼マイセンがスポンサーになってるらしく、ブラックライトにミラーボールと照らされたイケイケな喫煙所に、タバコを営業するキャンギャルがたくさんいた。

自分も一応タバコを貰う。ちょうど吸ってるタバコもマイセンだったのでありがたい。

▼入り口付近にはブラックライトに反応するカラーペンで落書きができる壁があった。

なんか一人で書こうかと思ったが、そこはストーブが当たってなく、寒さ耐えられないので断念・・・。

戻る時も「席どこだっけ?」と迷う。一度逸れるとこのパターンばかりだった。