Steve Jobs(2015)

ジョブズ関連の作品が多くある中、このSteve Jobsは主演のマイケル・ファスベンダーと助演のケイト・ウォンスレットがアカデミーでノミネートされるなど、賞レースで目立っていた。

個人的には尋常ではないほど期待していた作品だったのだが、なかなか観れる機会がなく、今回ようやく観れたことを嬉しく思った。が、作品の内容が想像していた内容と全然違って驚いた。


・STORY


「スラムドッグ$ミリオネア」のオスカー監督ダニー・ボイルが、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズの生き様を描いた伝記ドラマ。ジョブズ本人や家族、関係者へのインタビューを中心に執筆された伝記作家ウォルター・アイザックソンによるベストセラー「スティーブ・ジョブズ」をもとに、「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンが脚本を担当。1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生の中で最も波乱に満ちていた時期に行なわれた3つの新作発表会にスポットを当て、人々を魅了した伝説のプレゼンテーションの舞台裏を通し、信念を貫き通そうとする姿や、卓越したビジネスセンスを浮かび上がらせていく。さらに娘リサとの確執と和解といったエピソードも盛り込み、ジョブズの素顔を浮き彫りにする。「それでも夜は明ける」のマイケル・ファスベンダーがジョブズを熱演し、共演にも「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、「グリーン・ホーネット」のセス・ローゲンら豪華キャストが集結。


・いきなりプレゼン直前からスタート

すでにスティーブ・ジョブズの経歴を知っている人ならば、「あぁ、きっとあの場面の舞台裏だ」と想像つくだろうが、ジョブズを知らない人からするとちょっと難しい展開。

Macintoshの発表プレゼン直前での、娘と母親との口論、または仲間とのぶつかり合いから始まる。頑固で難しいジョブズの性格を遠慮なく描かれており、最低過ぎて「これ本当か?」と疑うレベル。

▲主演のマイケル・ファスベンダーの容姿は、ジョブズにがっちり似ているわけではない。特にこの最初のシーンの背景は、彼が当時20代半ばの時代。生意気な若者がめちゃくちゃしているというよりも、中年の難しい男がわがまま言ってるだけに見えてしまったのは、自分の映画の見方が下手だったせいだろうか。とりあえず、20代の男の再現はさすがに難しいので、そこは無理は言わない。

最初の段階で、アシュトンが主演してた映画のようなジョブズに似てた物語ではなくて、この映画ではまた「別のジョブズの憶測」を作っているのだろうと見方を変えた。

伝記映画でありながも、「こんな真実も実はありました」という、大きなキャリアの一部分を拝む映画だと気付かされた。


・意外な関係(ウォズとジョアンナ)

ジョブズとウォズニアックの関係といえば、学生以来の戦友であり、互いの良き理解者というイメージ。実際にはそれは各作品などで描かれている。

しかし、この作品の中でのジョブズとウォズの関係は最悪だ。「本当にこんな喧嘩してたの?」と目を疑うようなシーンが多くあった。決して互いに互いのことを悪く言わないイメージがあった二人だが、この伝記映画の中では堂々とディスりあっている。

▲ウォズはジョブズに向かって「プログラムも作れないクセに!」と罵倒し、彼のappleIIチームへの敬意のない姿勢を最後まで攻め続けた。他者のパクリや、他人のビジネスプランをなぞってきただけと、ジョブズの痛い部分を他社員がいる前で堂々と突きまくる。iMac発表前に本当にこんな出来事があったのだろうか?

個人的にはジョブズとウォズの関係は、クールな美談で留めておきたかったので、この映画の中で明かされた出来事には衝撃的だった。

▼そして、ジョブズの良きビジネスパートナーであるジョアンナ・ホフマンとの関係にびっくりした。apple創立前の親友がウォズだとすれば、創立後の親友は彼女だったのかもしれない。

スカリーにアップルを追い出されたジョブズは、数人の優秀な社員を引っ張って出て行ったと聞いていたが、その道連れを受けた1人がジョアンナというマーケッター。ネクスト社での二人のシビアなやり取りを見てると、ジョブズの人生はお金があっても苦しく不自由な嫌われ者であったと、彼女との関係を通してわかった。

ジョブズに強く堂々と発言できる立場として、私生活での彼の間違った選択を修正しようと努める。娘や母親との難しい関係も、彼女の存在がなかったらめちゃくちゃになっていた。彼女の存在がなければ後の良き父親であるジョブズは誕生しなかっただろうし、一生孤独な想いをして亡くなっていたのかも・・・。

今までのジョブズ関連の作品ではピックアップされてこなかったジョアンナの存在が目立ったことが、この映画で大胆にも憶測されたジョブズの一時代への関心を煽る。肯定派も否定派も、彼女のことは嫌いにはなれないだろう。


・娘と父(ジョブズ)の映画

劇的な仕事ぶりやサクセスストーリーを痛快に描いた映画ではなく、基本的にジョブズと娘の話であり、その間に仕事の仲間がどう関わったのか、当時の荒んだアップルの側面が観れる一時だけの伝記的な映画である。

Macintosh発表前のジョブズは娘に「リサって私の名前をマシンにつけてくれた」と言われ、「それは違う」と別の略の頭文字を取ったものだと説明した。冷酷に娘を突き放すジョブズの姿に母親とジョアンナから心に刺さるような痛烈な視線を送られる。自分の娘にあれだけの態度が取れる父親がこの世にいるなんて考えられない・・・。

なかなかリサを自分の子と認知したがらない彼だが、裁判に勝つためにリサの母親が誰とでも寝るビッチだと、最低なイメージ戦略に出る。そのことはアメリカ中に知れ渡り、母親は酷く傷つき、娘も将来それを検索して父への不信感を買う。

母親がお金を無心したいだけだと思っているジョブズのガチガチな警戒心は一体・・・。これぐらいの人がビシネスでは強いのか?

ジョアンナは当初、母親と娘への対応に巻き込まれるのは嫌がったが、徐々にアドバイスし、最終的には部屋の書類をぶち巻いてまで、「これでクビになっても良い」とジョブズの娘への対応に批判を浴びせ、キツく怒りながらも和解に導こうとする。

アップルの一部の社員は、リサが小さい頃から思春期になるまでの成長過程を知っており、ある種の親目線で娘を見ている。学費を払っていた社員がいた時のジョブズの複雑な対応が、なんか見ていて辛い。娘が好きだから逃げたかったのか、本当に面倒だと突き放していたのか・・。

物語の最後は、娘にマシンの名前の由来がリサだったことを明かし、本当は昔から愛していたことを伝えようとする。ウルっとするが、ここの展開は実話なのだろうか。

iMacの発表の時間になっても、ジョブズは娘を追い、彼女が学校で書いてる新聞のエッセイを見せて欲しいと、親としての関心を示す。そのやり取りの後に、ジョブズは娘が持っていた大きな音楽プレーヤーを見て「そのうちポケットに100曲、5000曲が収まる時代がくる。そんなレンガのような酷いものはなんだ!」と、後のiPod開発に対する執着心を見せる。そこで初めて娘は父の仕事の偉大さに気づく。親子が互いを理解したシーン?ハッキリとはしてないが、個人的にはそう思っている。

▼ジョブズは、娘が小さい頃に、Macintoshの発表直前で書かせた絵(Macのソフトで書かせた)を持ち歩いており、プレゼンに登場する直前にその絵を娘に渡す。この映画で初めてジョブズが人間らしく美しく見えるシーン。(唯一と言っても良いぐらい)。最後の最後にどデカイ落ちで、彼の業績に対する敬意の念が芽生える。

基本は仕事ばかりで冷酷でありながらも、実は娘への関心や罪悪感はどこかにあり、でもその気持ちは、頑固で不器用すぎる性格の彼が対峙するには難しすぎる。仕事と私生活のジョブズを知っていたジョアンナやウォズのキツイ一言が、ようやく親子が心を通わすシチュエーションを作る。

気持ちよく泣けるような映画ではないが、男として冷静に「感動した」と言いたくなるような映画だった。


・伝記映画として

どこまでが真実だったのか、その点気になって仕方ない。

iPod開発の成功や、亡くなる晩年の家族とのエピソードをこの映画の内容と重ねると、とんでもなくドラマティックな人生を送った人間だなと。

apple復帰のシーンには当時の全国のテレビニュースの映像を引用しており、真実味があるのだが、最後まで「本当?」と疑問を捨てられない。

この点、自分のジョブズやapple関連の情報不足なだけなので・・・って考えると、観る人を選ぶ映画だと思う。他の書籍などを読み漁ってからでないと、映画の展開の全てを自分の中に落とし込むことはできない。

一緒に観た同伴者は、特にスッキリしない様子だった。そもそもappleユーザーでない人は、映画の中に登場するキーワードやら意味プーだもの。仮にappleユーザーであっても難しい専門用語が多く、何かと置いてかれてる気になる。

ただ、「うん、うん」と理解してるつもりになって、自分を騙した気持ちで観ても見応えはある。むしろ、そうして観るしかない人が大半のはずだ。それで大衆に受けて、賞レースで暴れたのだから、化け物のような映画だったなと思います。

DATA

Year:2015/Country:USA/Studio:Universal

Director:Danny Boyle

Main Cast:Michael Fassbender-Steve Jobs/Kate Winslet-Joanna Hoffman/Seth Rogen-Steve Wozniak/Jeff Daniels-John Sculley/Katherine Waterston-Chrisann Brennan/Michael Stuhlbarg -Andy Hertzfeld/Sarah Snook-Andrea “Andy” Cunningham/Adam Shapiro-Avie Tevanian/John Ortiz-Joel Pforzheimer,