ASIAN CHINESE バル 餃子酒場 カノウ(辻堂)

同伴者と辻堂で飲みたいと探したお店。

餃子に特化したお店で呑めるなんて珍しいなと思い、チェーンではないかと調べてみると、きっちり辻堂にしかないお店であった。

辻堂の南口を左手に降りて少し歩くとこのお店がある。ビルの中に入るような形だが、外にほんのりと看板が出てるので判りやすいっちゃ判りやすいが、入り方に躊躇するかも。


・海外のお客さんが多い?

ここのお店は名札を見るまでもなく日本人ではない店員さんが多い。なぜだろう?みんな、日本語がうまかった。そして客さんにも海外の方がいた、これはたまたまかな?笑

お店の中はさすがは「アジアンチャイニーズ」を謳ってるだけあってアジアンテイスト。隅々まで見てると面白い。

▲カラフルな提灯のようなものがぶら下がってる。東洋アジアだけでなく、アジア全体を意識したようなオブジェや写真がいたるところにあった。

▼メニューの餃子の種類がすごい。ここだけ見てるとタイやベトナム料理からインスパイアされたオリジナル餃子もあった。

同伴者がすぐに目を奪われたのはチーズカレー餃子とモッツァレラチーズ入り餃子。なんで女性ってチーズ入りに弱いんだ?笑

自分はお好み焼きやでバイトしてた頃に棒餃子を賄いに出されて美味しかった思い出があったので、ここで棒餃子を発見次第、注文することを即決した。

そして、第二の故郷の台湾で主流の水餃子も注文。水餃子に限ってはきどってる人間かもしれない。(お店・手料理で散々食べてるので)


・喫煙所の場所が変わってる

オーダーを待ってる間、タバコが吸いたくて店員に据える場所を聞く。とりあえずお店の外に灰皿でもあるのだろうと外に出てみるがどこにもない。

すると店員さんに「すみません、こちらでした!」と、どう考えても厨房があるようなところを指される。

「?」と思って恐る恐る向かってみると、厨房を通過して「こちらで吸っていただいてます!」と、明らかに別の店のテラス席まで連れてこられた。

▲唐揚げ専門のお店・・・?おそらく系列のお店だろうか、カウンターにいる店員さんの愛想がめっちゃ良い。

唐揚げのお店の方はお客さんがおらず、自分一人でポツンと立って寂しく吸ってました。こういうシステムも、どことなく湘南っぽくて良いな。。笑

席に戻ると、最初にオーダーした餃子たちが届いていた。めっちゃうまそう!

▼お通しがまずうまかった。終戦日付近にトウモロコシを食べることになるとは・・・笑。

▼念願の棒餃子。普通の焼き餃子よりも肉っぽさが強くて、皮にコシがある。売ってそうで売ってない餃子なのでもっと浸透して欲しいな。

▼そして故郷の味の水餃子。こちらは醤油をつけなくてもお皿に浸されてる。

味はグッド。ただ、もう少し皮が厚ければ本場のコシのある餃子に近づいて嬉しかったかも。(日本ではこっちが正解だが)

▼小籠包。皮の透き通り具合が良い。

中の汁も美味しくて好き。ただ、レンゲがテーブルになくて、どう食べようか迷ってしまった。薄い皮をお箸でつつくのは怖いですよ。レンゲにお好みの醤油類を入れて一緒にすすり食べたい人もいるのだ。

焼き餃子とモッツァレラの餃子は見た目が似てる。「どっちだっけ?」と同伴者に聞きながら食べました。

▼チーズ入りを食べる同伴者。とろーりと溶けたチーズが垂れそうになる。

「うまーい!」と嬉しそうに食べてました。自分的にもうまかったです。

▼自分はホッピーの黒を注文。ここではあまり飲んでないのにホロよくなりました。

「また何か注文する?」と話すが、互いにお腹がある程度埋まってて多くは食べれなかった。最初に注文しようか躊躇した「お好み焼き餃子」のみ追加注文した。確か店員を呼んで「これ重たいですか?」と質問したが、「ま、いっか」と注文したような。

再び喫煙所に向かう。手慣れたようにパッと厨房を通過することに罪悪感・・・。「あ、すみません」となるしかない。唐揚げの目の前の通りにはマンションが建ち、横にはラーメン屋などがある。なんともシュール。

席に戻ってもまだお好み焼き風の餃子は届いておらず、同伴者と次行くお店について相談。自分を頼りに意見を言わなくなってきたが、ちょっとは信頼されてるのか?笑

同伴者は辻堂に行く機会がないので、ここら辺で呑めるの珍しいと言っていた。過去に大きなツタヤに行った際に経由したのが最後だと。お供できて光栄です。

禁煙のお店なのに、なぜかエントランスのドアがずっと開いている。やはりビル内に入ってるお店だから閉まってると入りにくいからかな?冷房が弱いなぁ〜と思っていたが、そこは仕方ない

この日、お昼に買ったスタバのコーヒー豆について話す。スタバの店員さんにもらったパスポートを覗くと名産地や特徴など知識が多く書かれていた。こういうことが頭に入ってるって、スタバの店員さんもレベル高いわ〜と感心した。

店内はほぼ満卓。お盆の時期に辻堂でこれだけお客さんが埋まるってすごいな。店員さんを観察してるとiPhoneでオーダーを受けてる、時代も変わっていきますね。

▼そこそこ時間が経ってからお好み焼き風の餃子が到着。

見た目も匂いもたまらん。熱々のお皿はバチバチ音を立ててる。箸でダイレクトにつまみ口に投入した。ガチうまい。

しかし、そこそこお腹が埋まっていたの、いつものようにサッサと平らげられなかった。普段であれば秒殺で空にできる味である。

そろそろ店を出ようかと店員さんを口頭で呼ぼうとするが、忙しそうでなかなか声が届かない。頑張って目を合わせて来ていただいた。繁盛してるって素晴らしい。

MAP

TEL:0466-54-7331
Address:神奈川県藤沢市辻堂1丁目3−13
TIME:11:30~0:00