にんにく市場(平塚)

同級生3人で呑もうって時に、予約を任されてネットで発見したお店。

このお店を知ってる人に行く前に「どういうお店?」と聞くと、良い反応が返ってくる。評判の良いお店の模様。

友達2人に予約したことを伝達するが、一人がにんにくを食べれないと・・・お店の名前的に大丈夫なのか?笑

個人的にはかなり楽しみにして行った。


・友人2人が遅刻

わかりにくい場所にあるが、学生時代に通った潰れたCDショップの角あたりにある。地元の変化についていけてない自分は、未だに青春時代から変わったお店たちに抵抗がある。「あぁ、本当にないのか」とまるで爺ィだ。

▼にんにく市場は看板が見えたので、なんとくなくわかった。しかし、3人のうち待ち合わせ時間通りに来たのは自分だけ。

おいおい、いつもと逆パターンじゃないか。やはり自分で予約するとしっかりする、今度から自分の遅刻対策のためにも自分で予約して飯に行こうかな。

誰もこないので先に自分だけお店に入って、店員さんに言って予約の時間をずらしてもらった。融通が効いて優しいです。

窓の外を眺めながら友人たちに鬼ライン&鬼電。お店の場所がわかる心配だった。待ってる時間がなかなか長かったが、店員さんはあまり気にもかけな感じで放し飼いである。

20分は余裕で過ぎた頃に1人目だけ登場。おっせーよと盛大にディスる。

2人目が来るのが遅すぎるので待ってられないということで、先に始めてしまった。最後のやつが来る時にはコースが3品目ぐらいに突入してた。これが本当の遅刻魔ってやつだ。


・ニンニクがキツイ訳ではない

飲み放題でかなりの量を飲んで酔ったのを覚えてる。本当はさらにもう一人来る予定だったが、仕事の都合でこれず。彼に電話して3人で攻め倒す。皆、普段は遅刻魔のくせに調子良い。

友人の一人がニンニクがダメと言っていたが、普通に食べれていた。ここのお店のメニューは大丈夫な模様。特に臭みが強い訳でもなかったし。

▲肉料理が中心なのだが、かなりガッツリ目。すぐにお腹いっぱいになった。

▲ポテトに関しては無料でおかわり自由なので、つまみがいくらあっても足りないような人には天国だ。ただ、胃がもたれそう。

2人とも定期的に遊んでたりしてたが、2人同士はかなり久々に会ったようで、昔話で盛り上がっている。小学生の頃から野球チームが一緒だったということで野球の話で盛り上がってた。(自分は二人とも中学の頃から)

▼記念に写真を何枚か撮る。

▲思えば学生時代に彼らと揃って写真を撮ることもなかったような・・・。んまぁ、その辺のことはどうでも良い。


・平塚でも個性が強い

後ろでは常連客らしき男性と店員が盛り上がってる。横のレコードだらけの席では音楽を選んで楽しそうなお客さんがいる。すげーアットホーム。昔の音楽好きにはたまらない空間。

少しレトロな雰囲気のお店なのだが、トイレに工藤静香のポスターがデカデカと貼ってあってびっくりした。昭和感強い。

ちなみにメニューにお店にあるレコードが書かれているのだが、きゃりーなど最近のアーティストが出したレコードも置いてある模様。常連の人に聞くと、店員さんが隠してあるレコードも何枚かあるみたいなので、仲良くなると出してくれるのかも?

帰りにお店を出て過ぎに知ってる方に遭遇。軽く挨拶して「おいしかったです」と喜びの声を捧げる。後から聞くと、その方はこのお店の常連さんらしい。もっと遅めに始めてたらお店で一緒だったのか、惜しい!

 

MAP

TEL:
Address:神奈川県平塚市宝町5−5
TIME:9:00~20:00 日曜日定休日