おもて珈琲(辻堂)

友人と辻堂で呑む約束した際に時間を潰したカフェ。

辻堂で良い感じのカフェないかな?といろいろと検索して見つけた。

名前からして変わってるが由来はなんだろうか…笑

辻堂の土地は子供の頃の思い出が詰まってて大好き。なので、どこに行くにしてもワクワクする。お店の地図を覗いで見ると、昔住んでた浜竹にあることを知る。ノスタルジーな気分MAXでカフェを探した。


・作り込まれたメニュー表

辻堂駅の南口を出て、地図の浜竹幼稚園を目印に歩く。昔通ってた英会話教室や、ミニ四駆を買った玩具屋などがない…笑。そりゃ20年近く歳月流れてますからね…昔、お母さんとよく入ったサイクリングショップは健在。うあー、懐かしい。

ノスタルジーマニアな気分でゆっくり歩いてると、すぐに浜竹幼稚園を発見。「もうちょっとだ」と思って歩くと、思ってたよりも短い距離にあった。

▼あれー、地図だったらもう少し歩くはずだけどなー。。笑

思ってたよりも大きく、可愛い雰囲気。子供の頃に走り回った場所、前は何があったんだろう?

お店に入るとカウンターに女性のお客さんが1人だけ。「お好きな席どうぞ」と言われる。自分は1番奥のテーブル席に座る。

メニューを渡させるが、その中身に感動する。定番コーヒーらしき「おもてコーヒー」から、いろんなコーヒーがある。最近、マイブームであったウインナーコーヒーも当然あった。手書きと写真を貼り付けたメニュー。お店のイベントなど、マメに更新されてような内容。

食べ物はパン物から麺類まである。値段は普通。

自分は「おもてコーヒー」と「ぼりゅーむうどん」を注文。


・Wi-Fiの失敗

楽しみ待ちながらもパソコンを開こうとするが、ここで誤算に気づく。自分は喫煙とWi-Fiを条件にしてこのカフェを見つけたが、どう見ても禁煙店だし、Wi-Fiも飛んでない…サイトの情報が間違ってたか…涙

ノマドしようとしていたが、それは諦めることにした。

その代わり、店内には物凄い数の本がある。読書で時間を潰すのも有りだ。

カウンターを見てると、店員の女性がお財布片手にお遣いに出る。何か食材が切れてたのか…?笑


・普通においしい

店員さんが帰ってきてから10分しないぐらいでうどんが来る。

▼色彩豊かで綺麗。

うどんの具は肉、人参、ニラ、卵、もやし、そして小さなキノコが混じる。辛さはあまりない。名前通りにボリュームある感じ。しかし、自分の胃袋では余裕だ。

うどんを食べていると、男性客が1人で来店。本日のコーヒーを注文していた。

しかし、自分のコーヒーがなかなか来ない。もしかして忘れられてるのか?先にうどんを平らげてしまい、自分のオーダーが通ってるのか気になる、ちょっと聞こうかと思うが、違ってたら恥ずかしい。

「うーん」とスマホをいじりながら通ってることを信じて待ってると、コーヒーのコトコトを淹れる音が。そして良い匂い…そして店員さんがこっちにコーヒーを持って来る、「良かったー、通ってたー!」と心の中で叫んだ。

▼コーヒーカップとミルク&シュガーの付けた方オシャレ。

香り深い。確かコロンビアの豆だとかメニューに情報が出てた。とりあえず鼻を当てて嗅ぐ、啜るように味を広げる、舌のどこに当たるか確かめる等、最近知ったコーヒー通の嗜みの出来る限りをやってみたが、自分にはまだ難しい。

美味しいことには間違いなく、冷えるまでアメリカンでゆっくり楽しめた。

ここで流れてる音楽はしっとりしてて癒される。お店を出る直前にはジャズだがロックンロールも流れていた。ずっとサマソニの予習に作ったプレイリストを聴きたかったが、ここのお店の雰囲気を味わいたくてイヤホンを外した。

外が暗くなって来ると、店内の照明がキラキラして見える。友達との約束を忘れて離れたくない気持ちになった…笑

しかし、お盆を通じて全くパソコンを触れてないということで、どこか罪悪感を感じる時間でもあった。やっぱりやるべきことはやらんとね。自分の怠慢さにウンザリだ。

 

MAP

TEL:
Address:神奈川県茅ヶ崎市浜竹3丁目6−16
TIME:11:00~19:00 月火定休日


スポンサードリンク